花瓶少女

第75回高知県展グラフィックデザイン
【山六郎賞】【県美術振興会奨励賞】受賞

何故花は咲いている
何故花は散ってゆく
何故花はこの世に
存在する

実をならし、生物が食す
花粉で生物が、吸ってくれる
毒を持ち、嫌がられる花もいる

でも、殆どの花達は
ただ咲くだけで、散ってゆく

花の存在意義とは
地球上に沢山存在する花たち
そして人が考えた沢山の花言葉と共に

何故花はこの世に存在する

植物が成長してつけるもので、多くは綺麗な花びらに飾られる。花が枯れると果実ができて、種子ができる。多くのものが観賞用に用いられる。生物学的には種子植物の生殖器官である。また、植物の代表的器官として、「植物(種)」そのものの代名詞的に使われることも多い。

※wikipediaより引用

誰が花を摘み
【花瓶】とゆう物を
作ったのだろうか

何故なら人に【見つめられたい】から

飾ると華やかになる
故人祀ると鮮やかになる

花は生きている
でもそれは人間対象でしかない

他の動物達が見ても
美しい、華やかとでも思わない

だから人間は
花瓶とゆう器を作った

【花瓶】と【少女】
組み合わせたきっかけ

人や動物は美しいものを見たとき
「綺麗だ」と見つめ直す時がある

それと似た感覚だ

女性も男性も綺麗だとか好みだとか
美しいものを見たときに
ふと見つめ直す

実は似た感覚があって
古着屋さんの女体とっくりを見て
「素敵だ」と思った私がいた

何故見つめられたいの?

花瓶を見たときに
「この花は綺麗だな」と
ふと見る時があるだろう

先ほど語ったように
綺麗な物にふと見つめてしまう
人間や動物の心理がある

だから飾られた花達は
見つめられる度に
「生きている価値があるだろう」
そう思った

何故見つめらる意味は?

先ほど語ったように
花瓶は「人に見つめる」度に
喜びを感じるのだ

花瓶として作られた意味

花瓶に活けられた花
その意味を知ってほしい
だからこの作品は生まれた
「私は貴方に見つめられたい」

ウェブサイトはこちら